2020/10/29 19:10

ロキソニンの湿布を貼り続けたらダメ「アソコに穴が開いた」恐怖の結末に「ゾッとした…」

腰痛

体が痛い時に湿布をよく使いますよね。そこでおたくま経済新聞が紹介するのは、ロキソニンの湿布を使い続けた結果。
大概の痛みに効果を発揮するロキソプロフェン(日本薬局方:ロキソプロフェンナトリウム)という薬剤名のロキソニン。実はこのロキソプロフェンは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の中でもかなり効果が強いものに分類されるそうです。
高齢者に多い「肩も背中も腰も膝も」と全身のあちこちが痛い人が、1回8~10枚も体のあちこちに貼り付けていたら…という使い過ぎの人は大変なことに。デイサービスを利用していたある利用者さんは合計10枚もの湿布薬を貼っていたそう。ある日、ご家族から「入院したのでデイはお休みします」と連絡が。なんと、湿布の貼りすぎによる胃潰瘍を発症したとのこと。救急外来へ連れていき胃カメラをしてもらったところ、胃には穴が…。飲み薬はもちろんですが貼り薬も用法容量はしっかり守りましょう。

湿布なのに胃に穴が開く!? ロキソニンの湿布は貼りすぎちゃダメ | おたくま経済新聞湿布なのに胃に穴が開く!? ロキソニンの湿布は貼りすぎちゃダメ | おたくま経済新聞

編集者:いまトピ編集部