2020/10/29 18:57

「アレ」を正しく持てない子どもは大変…「成績低下につながる恐れ」

勉強

「集中力がない」「文字が汚い」「ミスが多い」という困ったことは、もしかすると鉛筆の持ち方が原因かもしれないそう。そこでシュフーズが紹介するのは、子どもの鉛筆の持ち方について。
・鉛筆の間違えた持ち方がもたらすデメリット
1.集中力が続かない
鉛筆を正しく持てていないと、指に負担がかかり、疲れてしまうのが原因で肝心の計算や読解に集中できなくなってしまう、姿勢が悪くなってしまうなどがあるそうです。
2.ミスが多くなる
鉛筆の持ち方が間違えていると、文字が汚くなり、ミスが多くなってしまうと計算ミスや採点ミスにつながります。
3.勉強に対するモチベーションが低下する
きれいに書かれたノートと、ぐちゃぐちゃに書かれたノートでは、どちらが勉強に対するモチベーションが上がるかは歴然です。
・鉛筆の正しい持ち方がもたらすメリット
1.手が疲れず長時間集中できる
疲れにくい上に丁度よい筆圧で文字を早く書けるので、より多い問題数を解くことも。
2.正しい文字をかくことができる
採点でミスにされやすい箇所も正しく書けるので、国語に対する苦手意識も持つことが少ない。
3.きれいな文字で好印象を獲得できる
きれいな文字のほうが好印象。将来履歴書や手紙を書くときにも役立つでしょう。
以上です。是非きれいな鉛筆の持ち方を子どもに教えて得をする様にしましょう。

子どもは鉛筆を正しく持てる?間違えた持ち方は成績低下につながるかも – シュフーズ子どもは鉛筆を正しく持てる?間違えた持ち方は成績低下につながるかも – シュフーズ