2020/10/28 20:52

木の食器「絶対に洗った後に〇〇しないで」そのままにすると「カビの原因になるかも…」

食器

木の食器に絶対してはいけないNG行為を、シュフーズが紹介しています。

① 食洗機に入れて洗う
食洗機は、稼働させると内部が高温になります。木の食器は木製なので、急熱に弱い素材です。そのため、食洗機に入れて洗っていると、ヒビが入ってしまったり、最悪の場合、割れてしまう恐れがあります。
② 電子レンジで温める
電子レンジで温める行為も、食洗機で洗う行為と同じくNGです。理由も同じです。急熱することで、ヒビが入ってしまったり、最悪の場合、食器自体が割れてしまったりすることもあるからです。
③ 冷蔵庫の中で冷やす
冷蔵庫の中に入れ、長時間冷やしてしまうと、木製の食器は乾燥してしまい、ひび割れを引き起こす原因となります。
④ 汚れた状態のまま長時間放置
木の食器の場合、汚れた状態のまま放置してしまうと、汚れが食器に染み付いてしまい、取り除くことができなくなる恐れがあります。
⑤ 水につけ置きする
水につけ置きしてしまうと、食器に水が浸透してしまい、変形してしまう恐れがあります。また、カビの原因にもなるため、木の食器に限っては、つけ置きせず、すぐに洗い乾燥させるようにしましょう。
⑥ 濡れた状態のまま長時間放置
木の食器の場合、濡れた状態のまま放置してしまうと、カビが発生する原因になります。見た目はもちろん、衛生的にも使えなくなってしまうので、必ず水分を拭き取るようにしましょう。
⑦ 油分の多い料理を直接乗せる
カレーや肉料理など、油分の多い料理を木の食器にのせる行為は、なるべく避けましょう。木製の食器は、油分を吸収しやすく、長時間のせていると、徐々に染み込んでしまいます。色移りや悪臭発生の原因にもなりますし、雑菌が繁殖してしまうこともあります。

いかがでしたか。料理をより魅力的に見せてくれる食器たち。上手く管理して、長持ちさせましょう。

『木の食器』に絶対してはいけないNG行為7選 – シュフーズ『木の食器』に絶対してはいけないNG行為7選 – シュフーズ