2020/10/24 08:59

車のエンジンルームで「寒くなると起こる悲劇」気づかずにエンジンをかけてしまうと「痛ましい事故が...」知らないとゾッとする結末に

びっくり

これからの季節、寒くなってくると車のエンジンルームで起こる悲劇。それを予防するための知識をBUZZFeeDが伝えています。

車を発進する際に、猫が入り込んでいるのに気づかずエンジンをかけてしまうと、猫がベルトなどの回転部分に巻き込まれる痛ましい事故が発生してしまいます。

実際、2019年1月1日~1月31日の1カ月間で「エンジンルームに動物が入り込んでしまった」という要請は27件あり、このうち25件が「猫」だったそう。

「猫は暖かい場所や狭い場所を好むようです。暖かくて狭く、風雨を防ぎ、人の気配も感じられないエンジンルームは最適な空間なのでしょう」と広報担当者はBuzzFeed Newsの以前の取材でも話していました。

そんな痛ましい事故を防ぐために呼びかけられているのが「猫バンバン」。

車に乗る前にエンジンルームを叩くことで、猫を驚かせて逃がすというもの。

ですが、あんまり強く叩くとビビりな猫はもっと奥へと入り込み篭城を決め込むので要注意なんだとか。叩く時は「叩き出すイメージはやめてね」と呼びかけるJAF。ボンネットを開けることが有効だと伝えています。

車に乗車する際は、「猫バンバン」やってみてくださいね。

ふたつの命を救うため。ドライバーが知っておくべき大切なことふたつの命を救うため。ドライバーが知っておくべき大切なこと