2020/10/22 08:24

マクドナルド「斬新な味わい」「やりすぎじゃないか…」新作バーガーが確かにヤバイ「マックじゃないみたい…」

バーガー

どこでも手軽に食べることができ、多くの人に愛されている「マクドナルド」が、21日から期間限定で3種類の新作バーガーを発売。

今回発売されたバーガーは、特製チーズとハラペーニョをサンドした『辛ダブチ』(単品/390円)、ダブルを超えてトリプルになってしまった『トリチ』(単品/420円)、ビーフパティがバンズからはみ出てしまっている『ハミダブチ』(単品/420円)。

定番のダブルチーズバーガー(ダブチ)をベースとし、「より辛く」「より多く」「よりデカく」したというわけで、ある意味“はずれ”がないといえるだろう。

・辛ダブチ
パッケージには「辛味に弱い方はご注意ください」とさりげない警告があるあたり、辛いもの好きとしては期待が高まる。
包装紙に負けないほど主張の激しい赤いチーズが顔を出す。
チーズバーガーであるため濃厚なチーズの香りや味は据え置き、しかし辛さが追加されているため新鮮な気持ちになる。
一緒にサンドされているハラペーニョスライスは酸味が効いており、爽やかさを演出。

・トリチ
じつは2017年に発売開始しており、すでに根強い人気がある一品だ。
味はやはりチーズの主張が強く、かなり濃厚。チーズとともにパティも一枚多いため、肉々しさも相当なものだ。

・ハミダブチ
パティが従来の1.3倍以上の大きさになっている、バンズがちょこんと乗っかっていて不思議とかわいらしく見えてくる。
パティが大きいだけなので味に変化がないと思いきや、かぶりつく際にバンズよりパティやチーズが先に舌に触れるため、よりダイレクトに味が伝わってきて、気持ち濃厚に感じるのだ。

ベースとなるダブルチーズバーガーの良さを活かしつつ、異なるアクセントを加えた3種。特に、『トリチ』『ハミダブチ』はサイズや量を変えるだけで味が大きく変わるのも驚きだ。本記事で興味が湧いた人は、是非試してもらいたい。

以上、ニュースサイトしらべぇからお届けしました。

マクドナルド、新作バーガーが確かにヤバイ 「マックじゃないみたい…」 – ニュースサイトしらべぇマクドナルド、新作バーガーが確かにヤバイ 「マックじゃないみたい…」 – ニュースサイトしらべぇ