2020/10/21 08:37

無印良品「肌弱い人の防寒インナー」救世主だった「非常に優秀」これからの時期におすすめ

ヒートテックAmazon

朝晩の冷え込みに加えて、日中も肌寒さを感じる近頃。トップスの下に、防寒インナーを仕込み始めた人も少なくないのでは。

代表的な防寒インナーといえば、体の水分を吸って発熱する素材の商品を思い浮かべる人も多いはず。その効果が強い商品もあり、温かくて寒い冬にピッタリである一方、肌が弱い人は「体の水分を吸う」機能によって肌が乾燥し、荒れてしまうことも。

今回は、インターネット上で「肌に優しい」と人気を集める綿素材を使った防寒インナーを2点紹介しよう。

『無印良品』の「綿であったかUネック八分袖Tシャツ」(税込990円)
写真の商品は黒とオフホワイトだが、カラーは他にもライトベージュとチャコールグレーがあり、首の形もVネック・ハイネックのものがあった。
袖は八分袖とあって少々短め。腕や肩周りはピッタリしているが、腹部は比較的ゆったりしている。
首周りはかなり大きく開いており、上からニットなどを着ても、インナーがチラリと見えてしまうことはなさそうだ。
素材は綿93%(オーガニックコットン)、ポリウレタン7%。わずかに化学繊維が入っているが、ストレッチ性があって肌当たりもふんわり優しく、温かい。

『イオン』の「PEACE FIT 極ふわっと『綿』 8分袖」(税込1,078円)。
店頭で見た限り黒やホワイト、ブラウンやスキンベージュ、ライトモーブと、カラーが豊富である。無印良品と同じ八分袖だが、こちらのほうが長さもあり、袖口や腕周りなど全体的にゆとりが。首元の開き具合は、先程とそれほど変わりはなかった。
そして、素材は肌に優しそうな綿100%。吸湿発熱(汗など体の水分を吸って発熱する)機能はあるが、自然素材かつ特殊な紡績方法によって非常に柔らかく、一日中着用していてもかゆみはなかった。

どちらも、暑すぎて汗をかくようなこともなく、程よい温かさで着心地は快適。肌の乾燥やかゆみを感じることもなかった。

これらの商品は必ずしもすべての人の肌に合うわけではないが、インナーとしては非常に優秀なため、肌が弱い人もそうでない人も、防寒インナー選びに迷っていた人は、ぜひ検討してほしい。

以上、ニュースサイトしらべぇからお届けしました。

肌が弱い人の防寒インナー選び 無印良品とイオンが救世主だった – ニュースサイトしらべぇ肌が弱い人の防寒インナー選び 無印良品とイオンが救世主だった – ニュースサイトしらべぇ