2020/10/21 08:54

「触ると〇〇なれんこんは危険」食べてはいけいない「れんこん」の特徴とは「気をつけて」「要注意」

れんこん

食べてはいけない『れんこん』5選を、シュフーズが紹介しています。
れんこんはあまり日持ちしない食材であるとご存知でしょうか。
一般的に、通常のれんこんであれば、約1週間ほど、新れんこんの場合は、常温保存だと2日ほどしか日持ちしません。そのため、あまり日持ちする食材とは言い難いとのこと。
れんこんの冷蔵保存方法は、
・湿らせたキッチンペーパーで包む
・包んだれんこんを袋に入れる
・冷蔵室で保存する
長期間保存したいならば冷凍保存もオススメ。
・皮を剥いてカットする
・切ったれんこんを酢を混ぜた水に5分ほど浸ける
・キッチンペーパーなどで水分を拭き取り、フリーザーバッグなどに入れる
・しっかり密閉したら冷凍庫で保存

さて、食べてはいけない『れんこん』の特徴5選はこちら。
1.切り口が黒く変色している
2.酸っぱい臭いなどの腐敗臭を放っている
3.皮の表面にヌメリ気が出ている
4.触ると柔らかくなっている
5.カビが生えている
以上です。
食べてしまうと食中毒を引き起こす恐れもあるそうです。危険なので、小さいお子様やご年配の方、免疫力が低下気味の方がいるご家庭では、特に注意しましょう。
ぜひ参考にしてください。

食べてはいけない『れんこん』5選 – シュフーズ食べてはいけない『れんこん』5選 – シュフーズ