2020/10/17 08:49

セブンイレブン「残念商品」があまりにもセコすぎると話題に…「これは酷い」「二度と買うか」

セブン

箱や器などの底を少し上げて、実際よりも中身が多く見えるようにする「上げ底」は昔からある手口ですが、コンビニ弁当などで上げ底に出くわすと、お腹がいっぱいにならなかったりして残念な気持ちになりますよね。


Twitterでは、こんなツイートが話題です。

「セブンだけはこんな事しないと思ってたのに……」
投稿者さんがアップした1枚の写真には、サンドイッチの切り口(陳列した時に見える部分)には、中身がギッシリ詰まっているように見える細長い玉子焼き配置され、奥には小さな玉子焼きが挟まっている衝撃的な写真。これは残念過ぎる…

色々な「残念商品」の写真がアップされていますが、セブンイレブンに限らず、これって“コンビニあるある”かもしれません。

わざわざ入れ物を二重にして上げ底にしているお弁当もありますし。消費者にとっては、何だか騙されたようでイヤな気分です。

自分が食べるのにちょうどいい分量だと思って買ったのに、上げ底でお腹が満たされなかったら「二度と買うか」という気持ちになってしまいます。こんなことをされるぐらいなら、少しぐらい値段を上げてもいいので中身をギッシリ詰めて欲しいですね。

いまトピが伝えています。

セブンのサンドイッチがセコすぎると話題に…→ネット民「これは酷い」「もはや芸術」の声 - いまトピセブンのサンドイッチがセコすぎると話題に…→ネット民「これは酷い」「もはや芸術」の声 - いまトピ

編集者:いまトピ編集部