2020/9/30 10:44

20~40代の女性の40%が『アレに困っている』腐敗によって危険な病気にも・・・

腹痛

20~40代の女性の40%が便秘がちという調査結果もあります。便秘はお腹の張りや肌荒れなど見た目への影響だけでなく、放置すると痔や大腸の潰瘍などを引き起こすこともあるのです。ヨムーノでは、頑固な便秘について原因と改善法を紹介しています。
今回は、便秘の原因で一番多く、生活習慣の改善で治りやすい「機能性便秘」の対処法についてお伝えします。

便秘を放っておくと、便の腐敗によって悪玉菌が増えます。その結果、悪玉菌によって作り出された有害物質が肌に悪さをするため肌荒れやにきびなど肌の不調を招きます。また、硬くなった便が肛門を傷つけることで痔ができたり、大腸の粘膜に潰瘍できたり、さらには大腸に穴があくなど危ない病気につながる可能性もあります。

便秘にならないようにするためには、食生活や運動習慣を見直してみることが大切です。
・1日3食の食事と排便習慣
・積極的に摂りたい食材の紹介
・起床時の水分摂取
・腹筋を鍛える
・ストレッチ・マッサージする

そして、漢方薬を一緒に取り入れることで、より便秘になりにくい体質に近づくことができますね!便秘を解消して、大腸の内側もキレイな「腸内美人」を目指しましょう。

放置すると危ない【ガンコな便秘】をスッキリ解消!原因と「3つの改善法」を薬剤師が解説放置すると危ない【ガンコな便秘】をスッキリ解消!原因と「3つの改善法」を薬剤師が解説

編集者:いまトピ編集部