2020/9/27 08:56

キャベツを食べる時は「アソコ」を確認して「食べてはいけないキャベツ」の見抜き方

キャベツ

料理で大活躍する「キャベツ」。今回は、食べてはいけない状態となっているキャベツの特徴を紹介します。

① 葉の部分が溶ける
触った時にとろみを感じた場合は、すでに腐っているため、使わずに廃棄するようにしましょう。
② 茶色い水分が出てきている
腐ったキャベツから漏れ出た水分は、茶色く変色していることが多いです。
③ 芯の部分が黒く変色している
キャベツは中から腐敗が始まります。そのため、最初に腐ってしまうのは芯の部分です。よく確認しましょう。
④ 葉の部分が黒く変色し始めている
芯の部分が黒く変色した後、徐々に変色が葉の部分へと行き渡ります。
⑤酸っぱい臭いを放っている
キャベツは腐ると異臭を放つことがあります。使う前には必ず臭いも確認しておきましょう。

いかがでしたか。是非、参考にしてみて下さい。以上、シュフーズからお伝えしました。

食べてはいけない『キャベツ』の特徴5選 – シュフーズ食べてはいけない『キャベツ』の特徴5選 – シュフーズ

編集者:いまトピ編集部