2020/9/24 22:47

意外と知らない「洗い物の時にアレをする」とガス料金が高くなる

キッチン

ガス料金が高くなってしまうNG行為をシュフーズが紹介しています。

1.お風呂のお湯を沸かす回数が多い
オール電化の家出ない場合、お風呂のお湯を沸かすたびにガスを使わなければいけません。そのため、1日に何度もお風呂のお湯を沸かしているご家庭は、ガス代が高くなりやすいです。

2.シャワーを出しっぱなしにしている
ガスはお湯を使用する際にも使われます。そのため、基本的にお湯を出して浴びるシャワーもガスを使っていることになるのです。

3.お湯の温度を高く設定している
給湯温度を高く設定しているご家庭も、ガス代が高くなりやすいです。給湯温度を高く設定することで、お湯を使う幾度、ガスを多く使用し、その温度にまで上げようとします。

4.洗い物をする時に水ではなくお湯を使う
ガス代の節約を気にしているのであれば、洗い物にお湯を使用することは避けるべきです。洗い物に冷水を使用しているご家庭に比べて、ガス代が高額になりがちです。

5.給湯器が熱効率の悪い商品である
一昔前の給湯器は熱効率が悪い商品が多いです。そのため、最新の給湯器に比べて、一度にかかるガス代が高くなってしまいます。

6.プロパンガスを使用している
都市ガスに比べて、プロパンガスは高い傾向にあります。人の手によってガスが配送され、供給されているからです。人件費の他にも、ガスを配送する際にかかるガソリン代や車代がかかるため、どうしてもコストがかかってしまうのです。

ガス料金が高くなってしまう『NG行為』6選 – シュフーズガス料金が高くなってしまう『NG行為』6選 – シュフーズ

編集者:いまトピ編集部