2020/9/18 08:34

ディズニーランドの「あのルール」を破ったゲストの末路…「大人げない姿を全世界に拡散」

コスプレ

今年7月、入園前の体温チェックに加え、園内でのマスク着用やソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保を義務づけるなど、徹底した感染予防策のもとアメリカのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートが再オープンした。

それほど大きなトラブルもなく営業を続けるディズニーワールドだが、残念なことになかにはルールを無視した行動を取る人も。

“マスク着用ルール”を破ったことが原因ですでに3名の逮捕者が出ているが、つい最近も、人気エリアのひとつであるハリウッド・スタジオでマスクの着用を拒否した男性客が、パークから追い出されるという出来事が。

キャストや駆けつけた警備員からマスクを着用するよう促されるも頑なに拒否。周りいた人たちの同情を集めようと、ディズニー/ピクサー映画『バグズ・ライフ』に出てくるホッパーの「君たちは1匹のアリが立ち上がることを許した。みんながそのあとに続くかもしれない。ちっぽけなアリでも数はこっちの100倍。連中がそのことに気づいたら俺たちは終わりだ」というセリフを用いて呼びかけるも、賛同する人は現れず、自分のほうにどんどん迫ってくる警備員たちに後ずさりするしかなかった。大人げない姿を全世界に拡散されるはめに。

他にもすべてのゲストに夢のような時間を過ごしてもらうために、「(ハロウィンシーズンを除いて)コスプレをしてはいけない」「暴力をふるってはいけない」など、様々なルールがあります。気をつけましょう。

フロントロウが伝えています。

【悲報】ディズニーランドの「あのルール」を破ったゲストの末路がこちら… - フロントロウ -海外セレブ情報を発信【悲報】ディズニーランドの「あのルール」を破ったゲストの末路がこちら… - フロントロウ -海外セレブ情報を発信

編集者:いまトピ編集部