2020/9/17 14:16

『口がクサい』言える人は「明らかにマイナス」「思わず鼻を手で隠してしまう」

口臭

口臭を発している本人は気が付かないことが多く、「臭い」ともいわれたくないものです。
そのためほとんどの人が指摘せず、我慢してしまうことも多いです。
言いにくい口臭を指摘できる人はどのくらいいるのか、しらべぇ編集部は全国の10~60代の男女1,880名に調査を実施したところ、「指摘できる」と答えた人は13.6%で、かなり少なかったようです。
「口臭をさせている人間が会社に存在するのは、明らかにマイナスなので、なるべく指摘するようにしている。フリスクを会社に常備し、臭っている人に繰り返し分け与えることで、自覚を促す。
それでもダメな場合、目上の人にはさすがに言えませんが、後輩や同僚には『少し臭うから気をつけて』と指摘します。家族が臭っていた場合は、迷わず言いますね」
「職場に午後くらいになると臭う20代の後輩と、コーヒーとタバコが混ざって悪臭を放つ上司がいる。2人を交えて話すときは最悪で、思わず鼻を手で隠してしまう。
ずっと指摘できずにいましたが、最近は在宅勤務で会うこともなくなり、たまにあってもマスクをしているので臭わない。コロナは嫌ですが、臭いと離れられたのは良かった」
と、様々な意見が上がりました。

不愉快だけど言いづらい 口臭を指摘できる人の割合は… – ニュースサイトしらべぇ不愉快だけど言いづらい 口臭を指摘できる人の割合は… – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部