2020/9/16 08:44

アレを作りすぎる人は「お金が貯まらない人」

お金

オトナサローネでは、1000万貯めている人たちが「やめていたこと」を紹介しています。

その1:クレジットカードの作りすぎをやめる
作ると商品券がもらえる、買い物が割引になるなど特典が多いので、いろいろな場所で作ってお財布をパンパンにするのが、お金が貯まらない人です。管理できるよう、ポイント、マイルなど貯める目的に応じてメインカードを決め、残りは解約を。多くても3枚程度に抑えましょう。

その2:無料や安いものにこだわることをやめる
バーゲンで5000円で購入したスカートを1年で捨ててしまうのはもうやめましょう。安物買いの銭失いとはこのことです。半額とか〇%引きの値札をみるとお得感が増し、さほど欲しくもないものも買ってしまいがちです。バーゲンに行かず必要なものを必要なタイミングで購入するのが貯められる女性です。

その4:「ポイ活」をやめる
実は1000万円貯めた人は意外とやっていません。ポイントを貯めるのはお得なようですが「あと100円分買い物をすれば1ポイントつく」と思うと余計なものを買ってしまうものです。貯めてる人がやっている「ポイ活」はクレジットカードをメインのひとつにまとめたり、買い物や公共料金の引き落としをクレジットカードにまとめてマイルを貯めるなど目的や使うカードを絞っています。やみくもな「ポイ活」はせず、スマートな「ポイ活」にするとお金が貯まりやすくなります。

その5:家計簿をつけるのをやめる
1000万円貯めた人は意外と家計簿を書いていません。ざっくり、毎月出ていく固定費はいくらだから、日々のやりくりする食費や雑費やレジャー費はこれくらいに抑えて、貯金は毎月この額していこう!とおおまかな仕分けをすれば十分です。

1000万円貯蓄する人が「やめていた」5つのこと|OTONA SALONE[オトナサローネ] | 自分らしく、自由に、自立して生きる女性へ1000万円貯蓄する人が「やめていた」5つのこと|OTONA SALONE[オトナサローネ] | 自分らしく、自由に、自立して生きる女性へ