2020/8/14 15:10

「死ぬかと思った」〇〇が食べると「命を落とす」「心臓が止まるかと思った」

犬

愛犬を一緒に生活すると癒しや元気をもらう反面、大小関係なくさまざまなイタズラに驚かされることもしばしば...。いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、飼い主さん400名に「愛犬のイタズラに『焦った』『心臓が止まるかと思った』など、思わず驚いてしまったことがあるか」などのアンケート調査を実施し、エピソードを多数紹介しています。

・「食料庫の扉を開けて、ブトウ入りゼリーが入った袋を噛んでいたときは、かなり焦りました。早く気がついたので、穴などは開いておらず、未遂に終わりました」

・「洗濯バサミをかじって、少し食べてしまっていたとき」

・「お留守番の間にケージの金具を破壊、そして誤飲……幸い破片が小さかったのでうんちとして出てきてくれましたが、数日間のうんちチェックはハラハラでした」

・「人間のお菓子箱から、チョコレート系のお菓子の袋を開けて食べていたこと」

・「夜ご飯の用意をしているときに、誰も見てない隙に麻婆豆腐を頬張っていてその瞬間を見たときは大声を上げてしまって心臓が止まりそうでした。それからご飯の用意をするときは、誰かが愛犬を見守る。というようになりました」

・「お散歩中に落ち葉を咥えてちぎる癖があるのですが、落ち葉と見間違えたのか、ポイ捨てされてたタバコを咥えそうになったとき心臓が止まるかと思いました」

・「薬の袋を噛んでいた。薬を噛んだわけではなかったので安心しました」

最悪、死に至るケースもある誤飲・誤食。無邪気で大切な命を守るためにも、ちゃんとみててあげたいですね。

「心臓が止まるかと思った」思わぬ愛犬のイタズラ 飼い主さんが気を付けるべきことを調査|いぬのきもちWEB MAGAZINE「心臓が止まるかと思った」思わぬ愛犬のイタズラ 飼い主さんが気を付けるべきことを調査|いぬのきもちWEB MAGAZINE

編集者:いまトピ編集部