2020/8/13 15:22

スッキリ「読書感想文にかわる宿題」を提案。「読書じゃなくて〇〇を対象にしたら?」あたらしい方法に「時代にあってる」「学校でやるべき」

宿題

13日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、楽しいサマーシーズンの悩みの種・夏休みの宿題について特集。
番組MCが提案した内容に、称賛の声が多数寄せられています。
「子供が最後まで苦しんだ夏休みの宿題」なるランキングが発表されると、パネルには「自由研究」「漢字ドリル」といった定番の課題がズラリ。そんな中でトップを飾ったのは、「読書感想文」でした。
かつては読書が大の苦手だったという番組MCですが、ある時期から読書の重要性に気づいたといいます。
しかし「読書はした方が良い」と強調しつつ、「読書感想文の『読書』を取って、『自由感想文』にした方が良いと思う」と、自らが考える感想文の形を提案。
読書だけでなく、テレビ番組ゲームの内容、街中で見た光景など、あらゆるものを対象とした自分だけの感想文を書かせてみてはと、投げかけたのです。
発言を受け、スタジオからは共感の声が続出。
視聴者にも感銘を与えたようで、ツイッター上には「自由感想文って面白いな」「時代に合った課題だと思う」「これ本当に学校で導入すべきでは…?」といった声が多数上がっています。
以上をしらべぇが紹介しています。

加藤浩次、読書感想文に代わる宿題を提案 「時代に合ってる」と賛同相次ぐ – ニュースサイトしらべぇ加藤浩次、読書感想文に代わる宿題を提案 「時代に合ってる」と賛同相次ぐ – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部