2020/8/12 14:38

エアコン「室外機のそばにアレを置いてみて」対策をすると...「20%以上、電気代が節約できる」

エアコン

気になるのはエアコンの電気代。今回はダイキン工業株式会社が提案するさまざまな節電方法を紹介します。1日20%の節電効果が期待できるかも…。
①「すだれ」「よしず」を活用する。
まずは、エアコンを付ける前にできることから。陽射しが当たる窓の外には「すだれ」「よしず」を設置するのが効果的。
②カーテン選びも大切。
選ぶ際は、黒っぽい色よりも、光と赤外線を反射してくれる白っぽい色のほうが効果的です。
③室外機まわりに要注意。
室外機の吹き出し口付近やその周囲に物を置いている場合は、すぐに移動させましょう。
室外機から1mほど離れた場所に植木を植えたり、すだれを立てかけるなど「日陰」を作るとよいそうです。
④2週間に1回はフィルター掃除。
2週間に1回掃除すると約5%の節電効果があり、逆に1年間掃除していないと約25%も電気代の無駄使いになるとのこと。
⑤帰宅したら換気。
⑥エアコンの温度も重要。
設定温度は28℃を目標にしつつ、設定温度を2℃上げるだけで20%以上の節電につながるとのこと。
「日除け」「フィルター掃除」「室外機対策」で節電術をした部屋と、していない部屋でエアコンを6時間運転させた結果、対策をした部屋は20%以上も電気代を削減できたそうです。
以上をしらべぇが紹介しています。

エアコンの電気代で損しないために… 今すぐできる節電ワザ – ニュースサイトしらべぇエアコンの電気代で損しないために… 今すぐできる節電ワザ – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部