2020/8/12 13:19

ブロッコリーは絶対に茹でないで!加熱調理は〇〇した方が「ビタミンCを失わずに、おいしくなる」

ブロッコリー

ブロッコリーはサラダはもちろん、料理の彩りとしても活用できる便利な食材です。しかし、その一方で保存方法がわからず、ダメにしてしまうという声もあります。今回は、ブロッコリーにするべきではないNGな保存方法や食べ方を紹介します。
『ブロッコリー』にするべきではないNG行為5選。
1.茹でて調理する。ブロッコリーは茹でて調理することが多いですが、ブロッコリーに含まれているビタミンCは水溶性なので、茹でて調理することで、流れ出てしまいます。そのため、効率よくビタミンCを摂取したい場合は、茹でずに蒸す方法が適しています。ブロッコリーを電子レンジで蒸した後、後入れすることで、ビタミンCを失わずに料理を美味しく味わうことができますよ。
2.加熱調理後に冷水にさらす。先に話したとおり、ブロッコリーに含まれているビタミンCは水溶性です。そのため、冷水にさらすことで、水に溶け流れ出てしまいます。
3.常温で保存する。
4.リンゴやメロンと一緒に保存する。
5.寝かせた状態で冷蔵保存する。
以上をシュフーズが紹介しています。

『ブロッコリー』にするべきではないNG行為5選!間違った食べ方や保存方法、していませんか? – シュフーズ『ブロッコリー』にするべきではないNG行為5選!間違った食べ方や保存方法、していませんか? – シュフーズ

編集者:いまトピ編集部