2020/8/12 10:46

コーヒー「飲み過ぎると危険な理由」◯◯の時は飲んではいけない

コーヒー

コーヒーなどに含まれるカフェインの過剰摂取により体に良くない変化が起きることがあります。カフェインを過剰摂取すると、さまざまな内臓の器官を刺激します。特に消化器官はカフェインの刺激を受けやすく、下痢になったり、吐き気や嘔吐を起こすことがあります。とりわけ空腹時は内臓がカフェインの刺激を受けやすいようです。空腹時に過剰にカフェインを摂取するのは避けることをおすすめします。とE・レシピが紹介しています。

コーヒーに含まれるカフェインの量は危険?効果や持続時間まで解説! - 【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピ[1/1ページ]コーヒーに含まれるカフェインの量は危険?効果や持続時間まで解説! - 【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピ[1/1ページ]

編集者:いまトピ編集部