2020/8/12 08:45

家賃が安い「事故物件」に住みたがっていた「とある人達」の発想が話題…

外国人

過去に殺人や自殺、孤独死などで居住者などが死亡した経歴のある「事故物件」。敬遠される傾向にあるため家賃相場が安くなっているのが一般的ですが、中には「家賃が安いのなら」と気にせず入居する人もいます。

ツイッターではこんな投稿が話題です。
「家賃が安いからと事故物件に住みたがっていたアメリカ人が「幽霊が出ても日本人の幽霊なら多分"How are you?"って尋ねたら"I’m fine, thank you. "って答えて終わるから大丈夫」みたいなことを言っていたのを思い出すなど。事故物件を探していたアメリカ人は「家賃だけ払ってくれて勝手に食べ物食べたりしないシェアメイトって良くない?」みたいな…そんな夢を描いて…。」

Twitterユーザーからは、こんな声が↓
・落武者とか出てきたら大当たりなんだろうか?
・家憑きの霊はパリピや外人を住ませると居心地悪くなって出ていきますね・・・
・さすが霊儀正しい…

確かに日本の部屋で幽霊が出ても、アメリカ人が英語で話しかけたら幽霊もうろたえてしまいそうですが…

気になる方は事故物件サイトが掲載されているサイトなどで是非しらべてみましょう!いまトピが伝えています。

家賃が安い「事故物件」に住みたがっていたとあるアメリカ人の皮肉めいた発想が話題に→ネット民「死んどるやんけ」 - いまトピ家賃が安い「事故物件」に住みたがっていたとあるアメリカ人の皮肉めいた発想が話題に→ネット民「死んどるやんけ」 - いまトピ

編集者:いまトピ編集部