2020/8/11 19:53

京都「五山送り火」の『大文字』が浮かび上がった結果…「なんということをしてくれた」「腹が立ちます」怒りの声殺到

五山送り火Amazon

精霊を再び冥府(死後の世界)に送るという意味をもつ『五山送り火』は、京都府の夏の伝統行事。そこでgrapeが紹介するのは、2020年8月8日、京都府京都市左京区にある如意ケ嶽(大文字山)に『大文字』が浮かび上がった話題。

8日に浮かび上がった『大文字』は公式なものではなく、何者かが如意ケ嶽(大文字山)に入山し、勝手に照らしたものだったそう。
この出来事に多くの人から怒りの声が…

「お精霊(しょらい)さん(先祖の霊)をお送りする日が近づいているというのに、なんということをしてくれた。」
「大切な伝統行事を、ただの夏のイルミネーションくらいにしか感じていないのかな。行事を守ってきた人たちの気持ちも考えてほしい。」
「伝統ある慣習行事には積み重ねた様式がある。独善的な行動で軽んじてはならない。」
「『五山送り火』は帰ってきたご先祖さまを再び冥界へ送るもの。その意味を全く理解していない。伝統を踏みにじられた地元住民として、腹が立ちます。」
などなど。
多くの人の心がこもっているからこそ、今回の様なことは許されないです。

イタズラで勝手に… 深夜に浮かび上がった京都『五山送り火』の『大文字』  –  grape [グレイプ]イタズラで勝手に… 深夜に浮かび上がった京都『五山送り火』の『大文字』 – grape [グレイプ]

編集者:いまトピ編集部