2020/8/10 11:01

『心が折れた』 小学校教員へ保護者が放った「衝撃のクレーム」の数々がヤバすぎる…

学校

小学校教員の歌舞伎先生(@kabukiteacher)さんは、「保護者のクレーム」を巡って、こんなエピソードを投稿し話題になりました。

「「お友達に貸したゲームが返ってこないので先生から…」,「自転車の乗り方が危険なので学校でちゃんと指導を…」,「お金の使い方が荒いのでお金の大切さを…」までは何とか耐えました。
「うちの子,箸の持ち方が変なんですけど,学校ではどのような指導をされているのですか?」で心が折れました。」

親としての自覚が、微塵もないのでしょうか…
頭を抱えるようなお話に、他のユーザーたちからは↓
●うちの母は、同じく箸のクレーマー母親がいたらしく先生が「学校で箸の持ち方を教える発想がありません。ご家庭でどうぞ」とばっさり切り捨てられてて笑ったそうです
●「はみがきしないんです」「宿題しないでゲームしてばっかりなんです」とか「習い事行きたくないっていうんです」先生からも言ってくださいはありましたけど…一応付け足しておくと、全ての保護者の方が学校の責任としているわけではないとは思っています。学校やテレビの専門家の言葉を、子どもの説得の材料にしている感じです。あとは単に愚痴聞いてほしいパターンです
●保護者会で「うちの子はなかなか朝起きません。早く寝るように言って下さい」「うちもです。起こしてもらえませんか。」「うちも起きなくて…学校で朝御飯も用意してもらえませんか?」と嘘みたいな発言が続いたため担任より先に「お前らの仕事じゃ!」と、言ってしまったのは私です
●こういう親にはならないように気をつけよう

「教育」を行うべき場は、学校だけに限らない。
その事実を、決して忘れないでほしいものですね。BUZZmagが伝えています。

『心が折れた』 小学校教員へ保護者が放った「まさかのクレーム」に絶句 | BUZZmag『心が折れた』 小学校教員へ保護者が放った「まさかのクレーム」に絶句 | BUZZmag

編集者:いまトピ編集部