2020/8/8 08:24

ゴーヤー「にが味をとる方法」〇〇すると「栄養も失わず」美味しく食べれる「実は間違っている人多い...」

ゴーヤーAmazon

夏バテを予防するためにも、気をつけたいのはまず食事。沖縄の代表的な野菜、ゴーヤを使っていざ炒め物を作ったとしても、その独特な苦味がだめな人もきっと多いですよね。その苦味をとるために、「下茹で」をしてはいませんか?

実は、ゴーヤには水溶性ビタミンである「ビタミンC」がいっぱい含まれており、茹でるとせっかくのビタミンCが流れ出てしまうのだそう。

●苦味をとるおすすめの調理法

・できるだけ薄く切って塩揉み
・調理に鰹節やお肉など、"旨味成分"を多く含む食材を合わせる(苦味と相性がいいため)
・油で炒める
・砂糖を使う

などをすると栄養素も保てたまま、美味しく食べれるとおうちごはんで紹介されています。

この中でも、「できるだけ薄く切って塩揉み」が個人的にはオススメです。塩揉みしたらお水で洗い流すのを呉々もお忘れなく。

食材をおいしく使い切る!暑い日はパパっと作れるチャンプルーで楽チンごはん | おうちごはん食材をおいしく使い切る!暑い日はパパっと作れるチャンプルーで楽チンごはん | おうちごはん

編集者:いまトピ編集部