2020/8/7 13:10

マクドナルド「チキンナゲットにアレが混入」少女が窒息しかける大騒動に…マクドナルドの対応に怒り「ハッピーセットという名前だからといって、安全ではない」

マクドナルドAmazon

イギリスに住むローラは、4人の子供を育てているお母さんです。
8月4日にマクドナルドへ行き、ハッピーセットなどのごはんを買って家で食べていたところ、6歳の娘が喉を詰まらせていることに気がついたという。娘の口に手を入れて喉に詰まっていたものをなんとか取り出すことができたものの取り出したチキンナゲットの残骸と混ざった“青い何か”の正体が分からなかったそうです。

そこで、購入した20個入りのチキンナゲットを1つ1つ確認したところ、そのうちの2つにも、青いものが混入していることを確認ローラによると…
「マスクでした。完全に(ナゲットの)中に入り込んでいた。チューインガムのようになっていて、気持ち悪かったです」

チキンナゲットにマスクが混入していると理解したローラは、すぐに購入した店舗へ行きさらに最悪なことが…
「最悪なことは他にもあり、彼らはナゲットを販売し続けたんです。お店を出る前に、『それを販売し続けるんですか?』と言いましたが、彼らはそれを販売し続けたんです。私にとってそれは重大なことです」

チキンナゲット自体の中に物が混入し、子供が食べてしまい、喉を詰まらせたという危険な事態となった。また新型コロナウイルスが心配される中では、マスクの混入はさらに不安になりますよね。ローラは、「ハッピーセットという名前だからといって、安全ではない」と語っていました。

フロントロウが伝えています。

マクドナルドのチキンナゲットに「あるもの」が混入、少女が窒息しかけるも販売継続 - フロントロウ -海外セレブ情報を発信マクドナルドのチキンナゲットに「あるもの」が混入、少女が窒息しかけるも販売継続 - フロントロウ -海外セレブ情報を発信

編集者:いまトピ編集部