2020/8/6 14:35

バナナを「室温25℃以上」で放置すると、とんでもないことに・・・

バナナ

バナナは保存方法や置き方によって賞味期限が変わります。そこで、バナナのNG保存方法を、シュフーズが紹介しています。

①直置きはNG
バナナは触れている部分から傷み始めるため直置きはNGです。
②仰向け(カーブの部分を下)に置くのはNG
カーブの部分を下にすると、重みで下の部分に負担がかかりつぶれて早めに傷んでしまいます。
③長く保存したい場合に房ごと保存するのはNG
房から1本ずつ切り離して保存するほうが熟成を遅め長く保存できます。
④気温が25度以上は常温保存NG
バナナの保存に適した温度は14~20℃のため、夏場など室温が25℃以上に上がる季節に常温保存するのはNGです。
⑤そのまま冷蔵室で保存するのはNG
包装の袋から出して新聞紙やキッチンペーパーで包んでからビニール袋に入れて保存しましょう。袋に入れずそのまま冷蔵保存するのはNGです。
⑥皮付きのまま冷凍保存するのはNG
バナナは皮付きのまま冷凍すると使う時に皮をむくのが大変になります。

いかがでしたか。以上のことを参考にして、上手くバナナを保存していきましょう。

バナナのNGな保存方法6選!暑い日でも常温保存で大丈夫? – シュフーズバナナのNGな保存方法6選!暑い日でも常温保存で大丈夫? – シュフーズ

編集者:いまトピ編集部