2020/8/5 14:55

「買ってはいけない家電」の見分け方『プロは安すぎる〇〇を買わない』

家電

「買ってはいけない家電」の見分け方を日刊SPA!では紹介しています。
プロはまず「安すぎる商品」を疑ってかかるそうです。
たとえば、安いエアコンには自動掃除機能は付いていないのが大半です。
家電は総じて長く使う物ですので、初期費用だけでなく、その後もランニングコストも踏まえて購入するのが正しい選択です。
家電量販店のプライベートブランド(PB)商品にも要注意。
確かに価格が安いのは大きな魅力なのですが、一般的なメーカーと比べて、家電量販店のPB商品は故障率が異様に高いのがネックなのです。と記事では伝えています。

            「買ってはいけない家電」の見分け方。安くてもプロが絶対に買わないのは… | 日刊SPA!        「買ってはいけない家電」の見分け方。安くてもプロが絶対に買わないのは… | 日刊SPA!

編集者:いまトピ編集部