2020/8/3 09:13

汗をかいた後、拭くタイミングが〇〇な人は「熱中症になりやすい」

汗

夏の外出時や運動時、大量の汗をかくことがありますが、「汗が出るたびに乾いたタオルで拭うのは危険」「熱中症になる恐れも」というネット情報もあります。
汗が出るたびにすぐ拭き取っていると、脱水症を引き起こす可能性もあります。汗が蒸発するとき、気化熱によって体温の上昇を防ぐ仕組みがありますが、蒸発する前に乾いたタオルやハンカチで汗を拭ってしまうと、この仕組みが成り立たなくなります。
逃げ場を失った熱によって、さらに『暑い』と感じ、体はさらに汗を出すという悪循環につながります。汗になって体内の水分が大量に奪われれば、自分では気付かないうちに脱水状態が進み、体温調節がうまくいかなくなると熱中症になります。

代わりに市販のウエットティッシュや汗拭きシートなどが便利です。
スプレータイプの容器に水を入れて持ち歩き、乾いたタオルやハンカチで汗を拭いた後、皮膚に水を吹き付ける方法もあります。
水道水で汗を洗い流し、乾いたタオルやハンカチで軽く押さえるのもいいでしょう。いずれの場合も、水分をすべて拭き取ってしまわないよう気を付けてください。
以上をオトナンサーが紹介しています。

「汗」を乾いたタオルですぐ拭くと危険? 熱中症リスクも? 実際は―― | オトナンサー「汗」を乾いたタオルですぐ拭くと危険? 熱中症リスクも? 実際は―― | オトナンサー

編集者:いまトピ編集部