2020/8/2 14:07

コーヒーには『人間の体に良くない〇〇が入っている』健康的な正しい飲み方は「アレ」を使うべし

コーヒー

珈琲には糖代謝や肝機能の数値を改善させたり、肥満を予防するなど、さまざまな効果があるそうですが、それも正しい飲み方をしてこその効果。
正しい飲み方を、日刊ゲンダイヘルスケアが紹介しています。
まず、インスタントよりレギュラーの方が良いと思われがちですが、こと健康という基準で考えた場合は、どちらがいいというものではなく、インスタントでも十分健康にいいそう。
「淹れ方」が重要なんだとか。
それが、「紙フィルターの方がいいかもしれない」とのこと。
珈琲豆から直接抽出した方が香りやコクがありますが、それはジテルペンなどの油の成分が入っているから。ジテルペンは人間の体に良いとはいえないので、健康を考えるなら紙フィルターの方が良いそうです。
また、珈琲は飲めば飲むほど体に良さそうだが、研究で良いとされるのは1日3杯程度で、5杯以上は健康的にプラスかどうかは不明。妊娠している女性は、胎児への影響が明確でないことを考えれば1日2杯程度に抑える方がいいのだとか。

以上です。ぜひ参考にしてください。

<5>正しい飲み方 は「インスタントを1日3杯程度飲む」|日刊ゲンダイヘルスケア<5>正しい飲み方 は「インスタントを1日3杯程度飲む」|日刊ゲンダイヘルスケア

編集者:いまトピ編集部