2020/8/1 10:29

一度も通えていない娘の大学から届いた『悲しすぎる封書』「フリーザみたいな笑い声でた」

勉強

感染予防の施策により、非常に大きな影響を受けている「大学生活」を巡って…
ぬえ(@yosinotennin)さんは、こんなエピソードを投稿し話題になりました。

「コロナ禍で娘が一度も通えていない(勿論学費はきっちり支払っている)大学から寄付のお願い封書が届いて「ほほほほほほ」と、フリーザ様みたいな笑い声が出た」

頭を抱えるようなお話に、他のユーザーたちからは↓
切羽詰まった状況とはいえ、あまりにも酷です。

●ウチも来ましたほほほほほほ。しかも1口10万円で3口以上からお願いします、だって。それが人にお願いする態度かーい
●わかります!うちもです。大学1年生可哀想過ぎます。校舎にも一歩も足を入れていないのに寄付とは…設備費を無しにして欲しいくらいなのに…
●どこの大学ももれなくくるのかな。うちもきたよ。1日も登校してないし、パワポの資料だけのやつが多くてオンライン授業もごくたまにかない状態で何をおっしゃる、だわ
●大学1年の息子がいるうちにも、早々と、5~6月だかに大学広報誌と共に寄付のお願いがまいりました…。冷やや~かな目になりました…

学生と大学、どちらが先に倒れてもおかしくない今
早急に問題解決の方法が見つかるよう、心から願わずにはいられません。
BUZZmagが伝えています。

コロナ禍で一度も通えていない娘の大学から…『悲しすぎる封書』が届いた | BUZZmagコロナ禍で一度も通えていない娘の大学から…『悲しすぎる封書』が届いた | BUZZmag

編集者:いまトピ編集部