2020/7/12 18:35

「有料レジ袋」を断った客、店員が『その後〇〇』に「あるある」「自分もやってしまった」失敗

コンビニ

2020年7月1日から全国でプラスチック製買物袋(通称:レジ袋)の有料化が開始されました。そこでgrapeが紹介するのは、そんなレジ袋有料化あるある。

・『店員さん、いつもの癖で商品を袋に入れてから有料になったことに気がつく』
客もせっかく袋詰めしてもらった品物に対し「すみません、袋はいらないです」といいづらかったはず。
接客業をしている人からは「これは気まずい」「あるあるすぎて…」といった同情の声が集まったそうです。

・『「いらないです」と断ったお客さん、小さなバッグしかないのに商品をたくさん腕に抱えて帰っていく』
店員さんがそれをみて「袋あげたい…!」と思っているそう。
一度断ってしまった以上「やっぱり袋をください」といいづらかったり、レジ袋に使うお金がもったいないと思ってしまいますよね。

ほかにも、「雨の日に無料でもらった紙袋を使ったら底が抜けてしまった」「スーパーのように袋に詰める場所を設置してほしい」などの声が集まりました。
いつになったら慣れてくるのでしょうか。

有料のレジ袋を断った客 その後の展開に「あるある!」「分かりすぎる」  –  grape [グレイプ]有料のレジ袋を断った客 その後の展開に「あるある!」「分かりすぎる」 – grape [グレイプ]