2020/7/10 17:36

ディズニー『夢の国』から『現実の社会の国』へと変貌してしまった・・・「全然平和じゃない」「荒れに荒れてる」

遊園地

7月1日に東京ディズニーランドと東京ディズニーシーが再開され、長らく休園していた夢と魔法の王国の扉が開かれていますが、とある発表により、ディズニーが『夢と魔法の国が現実の社会の国になってしまった』と話題になっていると、秒刊SUNDAYが取り上げています。
その発表とは、『今後予定されていたスペシャルイベントの中止』です。
ハロウィン ・クリスマス・お正月と尽く中止になっているようです。
これに対し、
「全然平和じゃなかった、荒れに荒れている」
「キャラクターのコスチュームやBGMも全て通常通りってことかな。」
「夏のゲットウェット中止だけでも寂しいのに」
と、淡い期待が打ち砕かれてしまうディズニーファンが続出しているようです。

ディズニー、TDR夢と魔法の国が、現実の社会の国に | 秒刊SUNDAYディズニー、TDR夢と魔法の国が、現実の社会の国に | 秒刊SUNDAY

編集者:いまトピ編集部