2020/6/30 18:47

サイゼリヤ「全盲のお客さんに対し『店員がとった行動』」に「感動しすぎて涙が出そうに」「これぞ本当の気配り」絶賛の声

サイゼリア

ファミリーレストランの『サイゼリヤ』で起こったエピソードをgrapeが紹介。

「4ヶ月ぶりにサイゼリアに行った。嬉しくてお料理たくさん注文しちゃったんだけど、料理を運んできてくれた大学生くらいの男の店員さんが、[ピザは12じ、サラダは 3じ、チョリソーは10じ方向に置きますね]って説明してくれて、もう、感動しすぎて涙出そうでした。#視覚障害者が嬉しいと感じた配慮」

全盲のお客さんに料理を運んできた店員さんが
「ピザは12時、サラダは3時、チョリソーは10時の方向に置きますね」
と、料理の配置を口頭で伝えたそう。

この投稿に対し…
「とても参考になる。自分も実生活で役立てたい。」
「これぞ本当の気配り。」
「もっとたくさんの人に知ってほしい話。」
などの声が集まりました。特別な知識ではなく『当たり前』のことになれば、すべての人が暮らしやすい社会が作れるのではないか、とのことです。

全盲の客に対し、料理を運んできた店員が? 「感動しすぎて涙が出そうに」  –  grape [グレイプ]全盲の客に対し、料理を運んできた店員が? 「感動しすぎて涙が出そうに」 – grape [グレイプ]

編集者:いまトピ編集部