2020/6/3 13:38

コンビニ店員「バーコード決済を使う客は…」「メルカリの荷物が…」愚痴が止まらない

セブン

20代だった時もコンビニでアルバイトをしていたという現在50歳の店員は、その頃より今の方が「とても重労働」だと愚痴をこぼします。
「最近のレジでの困りごとは、バーコード決済です。ローソンとファミリーマートはそれぞれのボタンを押してからバーコードを読み取ります。
その際、お客様が無言でバーコードを出されると困ってしまい『PayPayですか?』とか言って聞き出そうとするのですが、『ちげーよQUICPay』だよとか大威張りで返す人がいます...」
「また、最近では、おでんの取り扱いを辞めるお店も多いようですが、レジ横のファストフードの多さには驚きです。チキンや焼き鳥、アメリカンドックにフランクフルト。冬場は中華まんなど、レジの対応だけでも大変なのに同時にそれらを調理しなくてはなりません」
「さらに宅配便の受け取りだけではなく、最近多いのがメルカリです。日に30件の発送を受け付けて、さらにAmazonの『店舗での受け取り』でバックヤードやレジ内には山のように荷物が置いてあります。
ですから今では、レジよりも品出しの方が楽と思われる状態です。実際に働いていて、これではいつまでたっても人手不足は解消しないなと思いました。
という感じで50歳過ぎたオッサンのコンビニバイトの愚痴でした」
店員の愚痴をJタウンネットでは紹介しています。

コンビニバイトの「重労働化」が止まらない 「30年前と比べて...」50代アルバイトの嘆き - コラム - Jタウンネット 東京都コンビニバイトの「重労働化」が止まらない 「30年前と比べて...」50代アルバイトの嘆き - コラム - Jタウンネット 東京都

編集者:いまトピ編集部