2020/6/3 08:00

コロナパニック...口紅よりも売れているのは『アレ』

メイク

「コロナパニック」も、やや終息に向かっているかの様に報じられているなか、マスクが生活の必需品になっている。総務省の統計によれば、3月は口紅の売り上げが前年同月比で20%も激減したとマネーポストWEBで紹介されており、その理由は明確。「マスクをつけて生活することが当たり前になったため、口紅が不要になった。」とのこと。その反面、アイシャドウやマスカラなどの売り上げは伸びていて、“見える部分”への消費がうかがえる。また、テレワークの人が増えた影響からか、パンツやスカートなどのボトムスも苦戦しているのだとか。

コロナで口紅やボトムスの売り上げ苦戦 消費は"見える部分"に | マネーポストWEBコロナで口紅やボトムスの売り上げ苦戦 消費は"見える部分"に | マネーポストWEB

編集者:いまトピ編集部