2020/5/27 14:59

京アニ聖地「涙が出る思い」「無くなってしまうのは惜しい」の声あつまる

握手

新型感染拡大に伴う外出自粛の影響で、苦境に陥った創業約130年の観光民宿「亀石楼」(京都府)が、「聖地が無くなってしまうのは惜しい」との声があり、インターネットで運営資金を募るクラウドファンディングに取り組んでいます。この宿は京都アニメーションの作品に登場する「聖地」として多くのアニメファンが訪れており、既に国内外のファンから支援が寄せられていると京都新聞で紹介されています。クラウドファンディング「キャンプファイヤー」、6月10日まで。経営者男性は「涙が出る思い。ファンを大事にしてこれからも頑張っていきたいので、コロナ収束後にはぜひ訪れてほしい」と話しています。

京アニ「聖地」の民宿、CFで救って コロナで苦境、国内外から支援集まる 京都・宇治|社会|地域のニュース|京都新聞京アニ「聖地」の民宿、CFで救って コロナで苦境、国内外から支援集まる 京都・宇治|社会|地域のニュース|京都新聞

編集者:いまトピ編集部