2020/5/25 14:01

自粛明けの出社あるある『わかりみ』が深すぎると話題に「自己肯定感が爆上がり」

会社

日本全国の中でも、少しずつ過度な自粛ムードはひとまず終わったという雰囲気に差し掛かってきているのではないでしょうか。世間ではリモートで仕事していた方も慣らし出社をし始めているようです。
そんな中とあるユーザーの慣らし出社についてのあるあるが話題です。
秒刊SUNDAYが伝えています。

慣らし出社あるある1
「今日から徐々に慣らしていく感じだったんだけど、上司が「ちょっとさ、仕事の前に30分くらい話さない…?」つってめっちゃ話したそうだったし全員(わ、わかるぅ〜‼︎)ってなってちょっと距離を離しながら結局1時間半話した。上司が育児疲れで「誰も急にうどんとか投げなくて最高…」って天を仰いだ。」

慣らし出社あるある2
「いきなり仕事で変なミスをしちゃったんだけどお子さんのトイレトレーニング疲れの先輩が「いや、トワちゃんは偉いよ。トイレ1人で行きたくなったら行けるでしょ?人はそれだけで誇るべきなんだよ」って遠い目で褒めてくれてトイレ行く度に自己肯定感が爆上がりになる身体になってしまった。」

慣らし出社ではこのような変化が起こり、自己肯定感が高まるようです!

自粛明けの慣らし出社あるある、わかりみが深すぎると話題に | 秒刊SUNDAY自粛明けの慣らし出社あるある、わかりみが深すぎると話題に | 秒刊SUNDAY

編集者:いまトピ編集部