2020/5/22 10:24

『鬼滅の刃』完結で注目度激上がり、アレをする人が続出「メルカリがヤバイ」

メルカリ

単行本の累計発行部数が6000万部を突破した人気漫画『鬼滅の刃』。5月18日発売の週刊少年ジャンプで最終回を迎え、さらに注目度が高まっている。

単行本はまだ最終巻の刊行に至っていないが、既刊をまとめ買いする人が相次いでいる。楽天市場の全巻セットランキングでは21日現在、トップ3が同作だ。現在、既刊20巻だが、1位は19巻までのセット(税込1万2990円)、2位と3位には20巻までのセット(どちらも1万4000円台)がランクインしています。

このブームに転売屋も目をつけ始めているようでフリマサイト「メルカリ」でも既刊セットが出品されている。最低でも楽天市場と同価格帯で出品されており、中には1~19巻7万4999円で取引成立しているものもあった。ヤフオクでも既刊全巻を定価以上で出品・即決価格としている人も多く見られたようです。キャリコネニュースが伝えています。

「鬼滅の刃」完結で”全巻まとめ買い”する人が続出 メルカリで高額転売も相次ぐ | キャリコネニュース「鬼滅の刃」完結で”全巻まとめ買い”する人が続出 メルカリで高額転売も相次ぐ | キャリコネニュース

編集者:いまトピ編集部