2020/5/22 08:01

『ケンミンSHOW』大阪人の怒りを鎮める魔法の言葉が凄すぎる「もう体が覚えちゃってる」「面白い」

大阪

21日放送の『秘密のケンミンSHOW 極』(日本テレビ系)では、過去の放送内容を「大阪編」として、傑作回を一挙放送。なかでも、府民が絶対に笑ってしまうという”あるフレーズ”が、視聴者の間で話題になっています。

府民の多くが御用達、豚まんのお持ち帰りで有名な『551蓬莱』について取材を敢行。

それに輪をかけて有名なのが、店のCM。大阪府民なら誰でも知っているその内容とは、「551がある時〜」「551がない時〜」という交互に流れる二つのアナウンスに合わせて、ある家族が団欒した様子で笑いあったり、寂しそうに沈黙したりというのを繰り返すというもの。

そして「551のある時」というフレーズを聞くだけで、大阪府民は反射的にある行動を取ってしまうというのだ。

その行動とは、CMの内容のとおり「ワッハッハ」と声を出して笑ってしまうというもの、実際にインタビューを行ったところ、多くの府民がCMを真似て大笑いしていました!

さらに番組では「怒っている人が聞くとどうなる?」という実験をしたところ「子供の遊び場である公園で、大人がテニスをして遊んでいた」と憤慨する男性に「551のある時」と伝えると、表情は一変。やはり「ワッハッハ」と大声を出して笑い始めたのです。

この実験に、ネット上では「すごい、もう体が覚えちゃってるんだ…」「面白い。今度大阪の友達怒らせたときやってみよう」といった驚きの声が上がっていました。

ぜひ試してみましょう。しらべぇが伝えています。

大阪人の怒りを鎮める魔法の言葉とは? 『ケンミンSHOW』で話題に – ニュースサイトしらべぇ大阪人の怒りを鎮める魔法の言葉とは? 『ケンミンSHOW』で話題に – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部