2020/5/21 14:58

テレワークが原因でなるアレには納豆キムチが効く…「運動不足に陥った人にも増えている」

テレワークAmazon

新型コロナ感染で長引くテレワーク、外出自粛。ここで増えてきているのが便秘です。通常、高齢者を除くと便秘に悩む人は圧倒的に女性が多いのですが、今、運動不足に陥った男性にも増えているようです。

そもそもなぜ便秘するのかというと、腸内の菌バランスが崩れ、いつもの蠕動運動ができていないからです。腸内の善玉菌が減って、悪玉菌が増殖している状態です。最近は「腸活」と言いますが、腸内環境を整えることが便秘の根本的な解決策になるでしょう。しかし、薬に頼らなくても身近な食材で腸活はできます。

腸内の善玉菌を増やす代表選手は発酵食品です。納豆、ヨーグルト、味噌、キムチ。他にもたくさんありますが、こうした食材を毎日、数種類、取り入れるのが良いそうです。

おすすめしたいのは納豆とキムチです。

制限のある生活ではありますが、腸内環境を整えるいい機会になるかもしれません。サライが伝えています。

テレワークで便秘に悩む人が増加中。どんな薬が効くのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第25回】  |  サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイトテレワークで便秘に悩む人が増加中。どんな薬が効くのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第25回】 | サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト

編集者:いまトピ編集部