2020/4/5 18:12

不要不急の外出自粛で医師が思った『幸福度の下がるリスクが少ない人の特徴』に…ネット民「本当にそのとおり」「こうなると人間性がわかる」称賛の声

ショック

「不要不急の外出」を控えるよう呼びかけられている今、医師の方の幸福度に対するつぶやきに注目が集まっているとBUZZmagが紹介。

「田舎に住む妻の母は現在、一切の不要不急の外出を避け、自宅でケーキを焼き、ピアノを弾き、読書を楽しんでいる。
こういう時、自宅内で、かつ一人でできる趣味が豊富にある人は強い。
いや、そもそも「趣味が豊富な人」は、だいたいにおいて「幸せ度の低下リスク」が低めである。」

「依存先を複数持っておく、は趣味に限らすストレスを溜めないコツですよね」
という声が。確かに今、家で楽しめることが沢山あるならあまり不幸と感じないかもしれません。

「これ本当にそのとおりだとおもう」
「家で好きなことができる人がすごいなあ。趣味の道具手入れでもしようかな」
「こういう状況になると人間性がよくみえてくる!」
「出来ない事を嘆くより、出来る事を楽しむ方が断然いいですね。精神的にも安定して免疫力を下げない」

などの声が集まりました。

『幸福度の低下リスクが低い人の特徴は…』 今、改めて納得する話 | BUZZmag『幸福度の低下リスクが低い人の特徴は…』 今、改めて納得する話 | BUZZmag

編集者:いまトピ編集部