2020/4/3 18:48

マスク不足を受け、とある市が「全国から注文できるアレを販売」素晴らしい取り組みに「一石二鳥」

マスク

日本ではマスクの在庫不足が続き、3月時点でも解決していません。
そんな中、立ち上がったのは岡山県の総社市。総社市が企画し、総社市と障がい者が共に作る『総社デニムマスク』を生み出しました。『総社デニムマスク』は総社市役所で販売をしていましたが、購入希望者が多いため予約受付を開始。
2日現在、総社市のウェブサイトにはWEB予約フォームが設置されており、全国から注文することができます。『総社デニムマスク』の1日の製作数は70~80個程度とのこと。そのため用意ができ次第、順次発送予定されるそうです。
総社市の片岡市長がTwitterに投稿すると、素晴らしい取り組みにネットからも
・障がい者の方たちのお仕事支援にもなるなんて!一石二鳥ですね。
と多くの人から反響が上がりました。以上をgrapeが紹介しています。

マスク不足を受け、岡山県総社市がとった行動に称賛の声 「一石二鳥だ」「素晴らしい!」  –  grape [グレイプ]マスク不足を受け、岡山県総社市がとった行動に称賛の声 「一石二鳥だ」「素晴らしい!」 – grape [グレイプ]

編集者:いまトピ編集部