2020/3/30 14:29

感染の老夫婦死亡→家族とのお別れは『アレ』で...→埋葬も立ち会えず

スマホ

米国・ワシントン州で暮らしていたマール・トフテさん(86)と妻のディーさん(85)は、夫婦そろって体調を崩し、検査の結果「新型コロナウイルスに感染しています」と宣告されたという。ウイルスに感染する危険があることから家族は見舞いも許可されなかった。最期の瞬間にも立ち会えないと知り悲しみに暮れる家族のため、医療チームはFaceTimeが使えるよう用意。家族はそれを通し夫妻にお別れの言葉を伝え、夫妻は3月16日に死亡。亡くなった夫妻の遺体が墓地に移され埋葬されたが、家族はその場に立ち会うことも許されなかった。「事態が収束したらすぐに葬式をあげたいと思います」とも遺族はコメントしているとしらべぇは伝えている。

新型コロナ感染の老夫婦が5時間差で死亡 家族とはFaceTimeでお別れ – ニュースサイトしらべぇ新型コロナ感染の老夫婦が5時間差で死亡 家族とはFaceTimeでお別れ – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部