2020/3/30 08:59

「布マスクは飛沫を防ぐ効果が小さい」自作するならばアレを使って。専門家が指摘

マスク

学校再開を見越して、お子さん向けにマスクの手作りを始めている方もいることでしょう。そんな中、「布マスクはむしろウイルス感染を増やす」という医学論文に関する記事を朝日新聞デジタルが紹介しています。

1607人の医療従事者を、医療用マスクをつける人、布マスクをつける人、マスクをつけたり外したりする人にわけ、感染リスクを比べたところ、布マスクをつけた人がもっとも呼吸器疾患やインフルエンザ症状を示した人が多かった、という内容です。
専門家は、布マスクは織り目が粗いため、飛沫(ひまつ)を防ぐ効果が小さいと指摘します。「自作するなら、キッチンペーパーを使う方がいいでしょう。布マスクを繰り返し洗って使う場合、管理が悪いと雑菌がはびこる可能性があり、かえって不衛生になる可能性もあります。布マスクを疑問視する意見は、他の専門家からも「布マスクには、他者からの感染を防ぐ効果はまったく期待できない」と言います。
マスクが果たす三つの役割は、
 ①ウイルスがフィルター部を通過しない。
 ②手についたウイルスが口や鼻に接触するのを防ぐ。
 ③顔に密着させ、マスクの間からウイルスが侵入するのを防ぐ。
ですが、布マスクは、②については効果がありますが、①については全く効果がありません。コロナウイルスの直径は0.1マイクロメートル。布マスクを容易に通過してしまいます。
みなさんもマスクの効用と限界を認識しつつ、正しい感染予防を身に着けていきましょう。

布マスク、うちの子つけても安心? 政府は勧めるけれど:朝日新聞デジタル布マスク、うちの子つけても安心? 政府は勧めるけれど:朝日新聞デジタル

編集者:いまトピ編集部