2020/2/24 08:32

とある寿司屋に4歳の子連れで行ったら...⇨「出されたモノ」が泣けた

寿司

とある女性が友人と食事をするために、4歳の子供を連れて初めて『すしざんまい』へ行ったときのこと。混雑するランチタイムを避けたとはいえ、子供を連れてこうした場所に来ることに、罪悪感を抱く親は少なくないはず。いざ注文しようとしたときのこと、注文内容から察してくれた店員さんの方から「お寿司、2つに切り分けることもできますよ」と声をかけてくれたという。さらに「お味噌汁も、小さいお椀2つに分けることもできますよ」とのこと。ネタの上の薬味も2つ分乗せてくれていたり、隅々にまで行き届いたホスピタリティに緊張は一気にほぐれ、心ゆくまで食事と友人との時間を楽しむことができたそう。SNSを見てみても「子供用に小さい寿司を握ってくれた」など、店側の細やかな気遣い・心配りに感動したといった反響が多数。愛され続ける店というのは、こういった部分で人々の心をつかんでいくのだろうとしらべぇはまとめている。

『すしざんまい』に子連れで行ったら… 「出されたモノ」が泣けた – ニュースサイトしらべぇ『すしざんまい』に子連れで行ったら… 「出されたモノ」が泣けた – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部