2020/2/20 16:34

マスク着用者の7割「つけ方が間違っていて、感染予防効果がない」⇨やりがちな〇〇には要注意

マスク

マスク着用者の実に7割が「つけ方が間違っていて、感染予防効果がない」そうです。
鼻をマスクの外に出す「鼻マスク」、口を出す「顎マスク」は予防の意味がありません。
鼻の脇、頬や顎の下などに隙間ができやすいので、自分の顔のサイズにフィットしたマスクをつけることも重要です。
ウイルスはマスクの外側に付着するので、着用後は惜しまず捨てるべきとマネーポストWEBでは紹介しています。

間違えると感染予防効果なし? 「正しいマスク」7つの知識 | マネーポストWEB間違えると感染予防効果なし? 「正しいマスク」7つの知識 | マネーポストWEB

編集者:いまトピ編集部