2020/2/18 13:46

応募者0人だった「そば屋の求人」に、一瞬で50人を集めた〇〇に目からウロコ!

蕎麦屋

『求人広告のキャッチコピー』を巡った、こんなエピソードをBUZZmagが紹介しています。

「本当にあった、蕎麦屋の「そば打ち職人」の求人広告のキャッチコピー。

掲載1回目
「創業120年、愛され続ける老舗です」応募0名
掲載2回目
「遠方からのお客様も多い人気のお店です」応募0名
掲載3回目
「一日中誰とも話さなくていい仕事」応募50名

→いい人が採用できました!本当にありがとう!」

『誰もが認める実績』を推すことが、必ずしも顧客を満足させる結果を生むとは限らない、というわけですね。大変興味深いお話に、「大体、「人気の」とか「安定の」とか陳腐な文句しか浮かばないので、参考になる」「1回目、2回目は求職者が知りたい内容と乖離があって、3回目は求職者が知りたい情報かつやりたい仕事だったことが伝わったという視点」と大きな反響が寄せられていました。

応募0だった「そば屋の求人」に、一瞬で50人を集めたアイデアとは? | BUZZmag応募0だった「そば屋の求人」に、一瞬で50人を集めたアイデアとは? | BUZZmag

編集者:いまトピ編集部