2020/2/10 18:06

亡き父に毎日メールを送り続けた女性⇨4年後に届いた驚くべき『返信』に30万人が鳥肌

スマホ

亡くなった父親に宛てて4年間毎日その日あったことをメールを送り続けた女性のもとに、ある日「返信」が届きました。
「ハーイ、僕は君のお父さんでは無いんだ。でも、この4年間、ずっと君からのメッセージを受け取り続けてきた。毎朝、君が送ってくれるメールを楽しみにしていたし、毎晩、その日どんなことがあったかを知らせてくれるのを心待ちにしていた。僕の名前はブラッド。僕は2014年に交通事故で娘を失った。これまで君のメッセージに生かされてきたよ。君からメールが届くと、まるで神様からメールを受け取っているみたいだった。」
メールを送り続けてきた相手は偶然にも、娘を交通事故で亡くし、彼女と同じ様に最愛の人を失った悲しみを抱えている人物だったのです。
女性は「これまで4年間、亡くなったお父さんに宛てて、日々の出来事についてメールしていたの。そして、今日は、ついに、私は大丈夫、お父さんをゆっくり休ませてあげようって思えた日だった」というコメントを添えて、この返信メッセージをネットに公開すると、投稿には、30万件以上もの「いいね」が寄せられ、心温まるストーリーに全米の人々が胸を打たれたとフロントロウでは紹介しています。

亡き父に毎日メールを送り続けた女性、4年後に届いた驚くべき「返信」に鳥肌 - フロントロウ亡き父に毎日メールを送り続けた女性、4年後に届いた驚くべき「返信」に鳥肌 - フロントロウ

編集者:いまトピ編集部