2019/12/16 08:18

若いモデル着用セーターを試着したら『小汚い感じ』になり、店員が薦めてくれた色を着たら『可愛かった』→「中年は積極的に◯◯色を着るべき」という声に…→「あるある」「マジで要注意』警告

服

年齢を重ねて服がどんどん地味な色になっていませんか?そこでいまトピが紹介するのは、中高年が本当に着るべき色。

話題になった投稿は…
「若いモデルさんが着てたキャメルのセーターが可愛かったので試着したらめちゃくちゃ小汚い感じになって愕然としたんだけど、お店の人が勧めてくれたピンクのを着たら我ながら可愛く仕上がった。中年になったら積極的に派手な色を身に着けるべきだなと思った。」

というもの。
『中年が着ると「キャメル」というより「らくだ」になるので気をつけたい』
と、投稿主は話しています。この投稿に対し…

「あるある。色味によって老けて見えることありますよね」
「他にも「グレー」が「ねずみ」になってないか気をつけたいと思います」
「口紅もこのパターンです…」
「プロはさすがですね!マジ地味な色は自分を引き立てるどころか実年齢をガチで当ててきやがるので要注意ですよね」

明るい色は若い頃だけ…は、大間違い。年齢を重ねた人こそ、肌のくすみやハリツヤのことを考えると明るい服を着た方がいいのかもしれません。

若いモデル着用セーターを試着したら小汚い感じになり、店員が薦めてくれた色を着たら可愛かった→中年は積極的に◯◯色を着るべき - いまトピ若いモデル着用セーターを試着したら小汚い感じになり、店員が薦めてくれた色を着たら可愛かった→中年は積極的に◯◯色を着るべき - いまトピ

編集者:いまトピ編集部