2019/12/11 11:04

夫の〇〇な言葉に「妻は激怒している」→良かれと思った言葉は逆効果

夫婦

夫が良かれと思ってする言動が、妻の機嫌を悪くしていることがあります。
「そんなにも頑張らなくてもいいよ」「たまにはひとりでブラブラと出かけてみたら?」「俺も手伝うよ!何したらいいかな?」といった言葉は、言われた妻にとっては「無神経な言葉」にしか聞こえないことがあるとLIMOでは紹介しています。
なぜなら、妻が、これらの言葉を聞いたとしても「だったら、あなたが家事をしてちょうだい!」「別にあなたのために家事をしているんじゃない!」としか思えないからです。
「手伝おうか?」という言葉も、妻が基本的に家事をすべきという前提で発せられる言葉です。
労いの言葉よりも積極的な行動の方が大切です。

ねぎらいの言葉が逆に妻を怒らせる!?夫は妻のためにどういう言動をとるべき? | LIMO | くらしとお金の経済メディアねぎらいの言葉が逆に妻を怒らせる!?夫は妻のためにどういう言動をとるべき? | LIMO | くらしとお金の経済メディア

編集者:いまトピ編集部