2019/12/10 08:57

毎日〇〇茶を飲むと「食道がんリスクが90%増加」要注意

お茶

2016年には、WHOの外部組織「国際がん研究機関」が「65℃以上の非常に熱い飲み物」にがんリスクがある可能性を指摘しています。
今年4月にイラン・テヘラン大が医学誌『がん国際ジャーナル』に発表した研究では、熱いお茶を飲む習慣があるイラン北東部の成人5万人を平均10年間にわたって追跡調査した結果、60℃以上の熱いお茶を1日に700ミリリットル以上飲むと、食道がんの発症リスクが90%増加するという結果が報告されています。
熱い飲食物を繰り返し口の中に入れると、食道の粘膜が破損と再生を繰り返すため、再生の過程で細胞に異常が発生し、発がんリスクが増すと考えられているそうです。
冬になると欲しくなる「熱い飲み物」には注意が必要だ。とNEWSポストセブンでは紹介しています。

60℃以上のお茶1日に700ml以上 食道がんリスク90%増加も|NEWSポストセブン60℃以上のお茶1日に700ml以上 食道がんリスク90%増加も|NEWSポストセブン

編集者:いまトピ編集部